50代エイジングケアと化粧品

50代のスキンケア

女性の肌が衰え始めるのは40代で、更年期によって女性ホルモンが激変することが原因だといわれています。50代になると肌の衰えはより深刻になる上、回復が難しいという問題が出てきます。

 

 

50代の肌トラブルとして深刻になるのが、深いシワやたるみ、シミやくすみなどが上げられます。
これを改善するためには日頃から行うスキンケアと基礎化粧品の見直しが必要です。

 

 

50代の肌は水分保持力が落ちているため保湿力の高いセラミド配合のスキンケア用品を使っていくことがおすすめです。コラーゲンも減少しているため、それを補うことのできるビタミンC配合の化粧品を利用していきます。
肌の乾燥がすすむと肌が弱っている状態になってしまいます。そんなときには、刺激となってしまう合成着色料や香料、アルコールなどが含まれていない敏感肌用のものを利用するのも効果的です。
シワができやすいのは目尻や口元、眉間など表情の現れる場所になります。このような場所を重点的にケアしていくことも良いとされています。

 

 

また、女性ホルモンが減ることによって肌トラブルは出てきてしまうため女性ホルモンを補えるサプリメントを利用したり、コラーゲンを強化することのできるビタミンCを意識して摂取するなどの内側からのケアも大切です。

関連ページ

正しいエイジングケアを
50代ならではのエイジングケアなど。
ずっと同じものにこだわる必要はありません。
50代ならではのエイジングケアなど。年齢とご自分にあったものを使いましょう。
スキンケアは50代からの化粧品選びが大切です。
50代ならではのエイジングケアなど。