正しいエイジングケア

正しいエイジングケアを

エイジングケアは正しく行なうことが大切で、間違ったケアは肌トラブルのもとになります。

 

エイジングケアには化粧品だけではなく、食事、サプリメントなどいくつか方法があります。

 

肌に良いことをしても、肌に悪い習慣を続けている場合には、どんなに肌に良い効果があることをやってもエイジングケアはできません。

 

代謝をあげるため運動をしても肌のターンオーバーが促進される時間帯に寝ていない場合には意味はなく、肌に良い効果を得ることはできません。

 

効果的なエイジングケアは、まずは肌に良くない生活習慣を改善します。

 

シミのエイジングケアには、紫外線を防ぐことです。外出する際は日焼け止めクリームやUVカット効果のあるファンデーションなどを塗ります。

 

日差しが強い場合には日傘や帽子を使用し、シミを薄くするゴーヤ、パプリカ、ピーマン、ブロッコリーなどビタミンCを積極的に摂ります。

 

乾燥やしわ、たるみの予防には保湿です。化粧品だけではなく、肌を作る基本となる良質なたんぱく質、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンEを摂ります。

 

ビタミンAは鶏レバー、鰻、人参、春菊などに含まれており粘膜を強くします。

 

ビタミンEはアーモンド、すじこ、たらこなどに含まれ、肌の奥で酸化を防止して肌を保護し潤いを保ちます。

 

 

エイジングケアには早すぎることはありません。若々しい肌を保つには早めの対策も必要です。